エクセルギーハウス技術開発研究所

エクセルギーなLife&Housingラボ(NPO準備) 自然の循環性に生きる生活と住まい方:営みの提案交流ブログ

睡眠障害を自己療養で治す 眼球運動による誘眠ディバイスをつくる

 

f:id:lonely-rolly:20140314121928g:plain

メーカ‐へのお願い→→是非こうした器具を作って商品化してほしい.

睡眠障害の人は,1夜の睡眠サイクルが レム・ノンレムの1サイクル(2時間ぐらい)を2回ぐらいしか摂ってないのではないか; 寝付きが悪く,頭の中を思考が駆け巡ってなかなか眠りに入れない,あるいは,眠ってから2サイクル4・5時間後には目が覚めてしまってその後眠れないなど...こうした人は 現代の日本人の3人に1人はいるのではないだろうか.就寝したらすぐに眠れる・途中で起きてもまた眠れる,それで1夜で睡眠3サイクルは確保したい.睡眠不足状態が永らく続くと,心の病だけでなく,免疫・代謝性異常のバックボーンとなる.それが生活習慣病といわれる糖尿病・自己免疫疾患等の発病となる.この装置の発想は,EMDR療法の眼球運動による脳内の局所エネルギーの発散にある.クライアントに負担が掛からないということでWHO推薦の療法である.それを睡眠障害に応用・転用するという発想で作られたものが,この誘眠ディバイスである.