読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エクセルギーハウス技術開発研究所

エクセルギーなLife&Housingラボ(NPO準備) 自然の循環性に生きる生活と住まい方:営みの提案交流ブログ

築地豊洲問題 都知事宛提案文書3-2/14 築地市場の 再生 建築設計『森山プラン』

   【築地・豊洲問題シリーズその11都知事宛提案文書3-2/14】

  このフラクタル様式によって設計されたプランが次である;

    築地市場 再生  建築設計プラン

 

   【建築エコノミスト森山の設計プラン 全体俯瞰図】

 

f:id:lonely-rolly:20170321121619j:plain

  

1)現行の建物の円弧を三等分して, 順次増築円弧に移して工事をする.

  したがって 市場を閉鎖・  一時移転をしなくても, 営業しながら増新築が可能である.

2)豊洲のように 現行業者の切り捨てもなく, 円弧45度分の増築により, 競り市場キャパシティは 参加業者数・商い量を およそ4/3=1.3倍に増やせる.

3)この建築費の見通しは, 豊洲土地購入・建築費用6000億円の 何分の1で可能である. 現役業者の負担も 圧倒的に少なくて済む.

  ※‘10分の1の600億円前後ぐらいで済む’という

           専門家委員の発言も報道されている.

4)築地再生建築は, もう一度 《公正・公開・適正価格》な設計の

       入札コンペをすべきであろう.

  豊洲現建築の落札率99.5%では, 入札制度の機能が働かない.

      行政上の瑕疵に等しい.

 

築地市場の再生についての 参考資料

築地市場は 大変優れた市場機能と建物機能を持っているので, 営業しながら増改築して再生させるような,再生計画構想では 上記紹介の《建築エコノミスト森山》方式は, 大変よくできている. フラクタル図形様式についても 建築学的な解説されている.

素晴らしい構想プランニングを為されているので,そのブログを直接にご覧頂きたい.

   15号に渡り, 豊洲市場建築の解析を為されている. 必見!

「    建築エコノミスト 森山のブログ - アメーバブログ

ameblo.jp/mori-arch-econo/

建築エコノミスト森山(公共事業建築評論)さんの

ブログ「建築エコノミスト 森山のブログ         」

※合わせて 築地の再生については

   拙ブログでは このブログの以前のシリーズ【豊洲・築地問題シリーズ】の1~10をご覧頂きたい.