エクセルギーハウス技術開発研究所

エクセルギーなLife&Housingラボ(NPO準備) 自然の循環性に生きる生活と住まい方:営みの提案交流ブログ

築地豊洲問題13-1 築地市場は 建築再生 豊洲は 土対法基準まで防除染して 公設集配センターに PT説明会へのコメント

【築地・豊洲シリーズ13-1】

 築地市場は 建築再生

    豊洲は 土対法基準まで防除染して 公設集配センターに

                            4/8 PT説明会へのコメント

 

前月にmyブログに このような提起をしてから, 間もなく, 都の《市場問題プロジェクトチームPT》が 説明会を開催した4/8. 豊洲移転か築地の改修の両案提起による説明である. これに対して賛否が渦巻いた. その反応模様は 次のようである;

※以下の内容「」は.9日付朝日による.

A;仲卸の人たちは;「素晴らしい. この築地再整備案を進めてほしい

B;卸業者協会の伊藤裕康会長等は この説明会をボイコットして2時間前に記者会見;「市場を知らない人が,なんでこんな偉そうなことを言うんだ」と憤ったという.

市場のあり方戦略本部;都知事が 最終決定するにあたり, この状況に対して, 批評したい. なんでこんな両極端な受けとめとなるのか.ウッz~ん

 

PT側の築地再整備案の説明が良くない.

    これでは 「移転推進派」の人たちにも 納得してもらえない.

説明では(報道された範囲かもしれないが), フラクタル様式の本体コア部分には触れず, 解体新築作業の図面説明であった. 肝心な点の説明が不十分であるから, 伊藤会長等の一番気に掛けておられた次の発言にもなる;

一部の仲卸さんは物流を知らない. 卸が準備した競り場で買うから(トラックの搬入の)入りを知らず, 改修案賛成というのは全くおかしい

現状の築地は 鉄道輸送に合わせた構造だが,(物流の主流は)今はトラック. 物流をどうやるのか全く考えていない

このような伊藤会長の物流作業の建物仕様について, 築地再生建築の構想について 再度触れたい;

 

 築地再生建築の最も大事な点は

 

築地市場建築が, 円弧接岸ポートのフラクタル様式になっており,

 ★物流作業の最も効率の高い形態の一つであり, 最も進んだ現代建築様式であること.

 ★この建築様式を活かし,さらに進化させて 増新築することである.

 ★この再生改築作業においても, 現況作業をしながら,

それをまったく滞らせることなく, スムーズにできること.これがこの様式の重要な利点であること.

このことの強調こそ 重要であったと思う.

それで 以下に《建築エコノミスト森山》の 築地再生建築プラン図を再度掲載し,説明する. ※フラクタル建築様式については このブログ参照のこと.